静岡県浜松市を拠点に東海エリアなどでダクト工事・空調工事・板金工事を手がける『有限会社富・ブレスト』
今回は、施工のプロである弊社が、ダクトやその製作工程について解説いたします。

ダクトに使用される主な材質は3種類ある!

◎亜鉛鉄板
鋼板に亜鉛メッキを施したもので、一般的な空調や換気用のダクトに用いられます。

◎ステンレス鋼板
鉄とクロムを含む合金で錆びにくいため、塩害や腐食対策用などに使用されます。

◎ガルバリウム鋼板
耐久性に優れているため、塩害や腐食対策用を含むあらゆる用途に対応できます。

主なダクト製作の流れ

【1】設計・製図

入念に打ち合わせを行ない、CADソフトやドラフターなどを利用して設計を進め、図面を作成します。

【2】切断

プラズマ切断機を用いて図面通りに切断します。

【3】加工

・曲げ
ハゼダクトの場合に存在する工程で、曲げ加工を行なった後は、共板フランジ成形機を用いてフランジ部分を成形します。

・溶接
シームダクトの場合は溶接によって接合します。
食品や半導体・化学物質を扱う工場など、物質の漏れが一切許されない場所で使用されます。

【5】仕上げ

シール材で空気の漏れを防ぐ加工をします。
その後、設計通りに加工されているかなどを細かく検査し、合格したものを現場に運びます。

施工のご依頼はお気軽に

自社工場を完備する有限会社富・ブレストでは、ダクトの製作・加工から取り付けまで一貫対応しております。
「キレイ・早く・確実に」をモットーに、熟練した技術をもつスタッフが誠心誠意施工にあたりますので、安心しておまかせください。
みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。


換気ダクト・排気ダクトは浜松市の富・ブレスト
現在、ダクト工事スタッフを求人しております。
〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口386-1
TEL:053-582-7222 FAX:053-582-7223