浜松市浜北区を拠点に、静岡県をはじめとする東海エリアで活動中の建設業者『有限会社富・ブレスト』では、ただいま現場作業員を求人募集中です!
今回は、求職中の方に向けてダクト工事にまつわる豆知識をご紹介します。

日本のダクト工事の歴史について

日本におけるダクト技術は、1908年の「赤坂離宮(現・迎賓館)」の現場で完全に習得されたといわれています。
それまでは、板金職人の世界のものだったそうです。

屋根の銅板葺きや鉄板葺きは、いずれも江戸時代から用いられましたが、鉄板屋根の瓦棒葺きに用いる「はぜ」工法は、少し遅れて明治時代に洋風建築が導入されたときに入ってきたのだとか。
そして、江戸時代の銅板屋根の職人が鉄板屋根の職人に転業し、彼らがそのままダクト工事も手がけるようになったそうです。
それに伴い、施工で使用される工具や機械も変わっていきました。

赤坂離宮の完成がもたらしたものとは

元々は明治時代にアメリカのダクト製作技術が導入されていたのですが、しばらくの時を経て大正末期に赤坂離宮のダクト工事が再開された頃には、設備工事の管理や施工はすべて日本人が担当していたのだとか。
つまり、この時に鉄板ダクトの施工技術に関して多くの熟練工が養成され、日本のダクト工事の基礎をつくることになったというわけです。

その後は、ダクト加工の先進国である欧米のダクト製作加工技術を積極的に取り入れながらも、日本流にその技術を昇華させて、我が国固有のダクト技術を開発して発展させていきます。

あなたもダクト工事のプロを目指しませんか?

歴史背景を知ったうえで施工に臨むと、より仕事が楽しくなるものです。
経験不問で採用中なので、ダクト工事に興味のある方はぜひ弊社求人にご応募ください!
磐田市など各地からのご連絡をお待ちしています。


換気ダクト・排気ダクトは浜松市の富・ブレスト
現在、ダクト工事スタッフを求人しております。
〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口386-1
TEL:053-582-7222 FAX:053-582-7223